スポーツ障害


 

スポーツ障害とは、スポーツをすることで同じ動作を繰り返し、骨、筋肉、腱および靭帯等を損傷することを言います。

それに対して、急激に大きな力が骨や関節、筋肉や靭帯に働いて骨折、脱臼、断裂を生じることをスポーツ外傷と言って区別します。

 

ここでは、スポーツ障害について説明します。

 

ゴルフなりテニスなり、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ほとんどのスポーツはクラブ、ラケット、バットを振る、ボールを投げる、蹴る、ドリブルをする、打つということを体の片側だけで行う運動です。

ということは、当然左右差ができバランスが崩れてきて、負担がかかってしまう部分が出てきます。そういった部分に障害を起こし、痛みが出てしまいます。

わずかな力でも繰り返し負担がかかることで大きな損傷につながってしまいます。

 

当院では、疲労して硬くなった筋肉をほぐすほか、体のバランスを整え軸を安定させ、関節の角度を正常化させることで障害を少なくし、パフォーマンスを高める治療を行います。 

 

 

・野球肩

繰り返す投球動作によって種々の肩関節構成体が損傷されて、痛みを生じる障害の総称です。前方では前方関節包、肩甲下筋や腱板、上腕二頭筋長頭腱、棘上筋などが障害され、後方では後方関節包、Bennet骨棘、上腕三頭筋付着部などが障害されて起こります。